障害年金についてのメインコンテンツ

料金のご案内 -お手続き費用について-

お手続き費用については、ご相談時やご依頼時にしっかりとご説明させて頂きます。ご安心下さい。
相談は無料ですので、お電話・メールでお気軽にお問い合わせください。

サービス内容 価格
相談料 0円(相談料は頂いておりません!)
障害認定日請求 着手金0円+成功報酬

・事後重症による請求
(【1】、【2】のいずれか、高い金額)

【1】受給権発生時点の総支給額の2ヶ月分(6分の1の額)
【2】10万円
・障害認定日が遡及した場合の請求
(【1】、【2】、【3】のいずれか、高い金額)

【1】受給権発生時点の総支給額の6分の1の額
【2】初回振込額の10%相当
【3】10万円
・障害手当金が支給された場合

【1】障害手当金の決定額の10%
決定額の10%が10万円未満であっても決定額の10%。
審査請求 着手金0円+成功報酬

1度目の不服申立
(【1】、【2】のいずれか、高い金額)
【1】初回振込額の15%相当の額
【2】12万円
再審査請求 着手金0円+成功報酬

2度目の不服申立
(【1】、【2】のいずれか、高い金額)

【1】初回振込額の20%相当の額
【2】15万円
額の改定請求 着手金0円+成功報酬

額改定前後の年額の差額の20%
改定前後の差額にかかわらず20%・改定がなかった場合には手数料なし。

※別途消費税をいただきます。

障害年金請求サポートについて

裁定請求の代理人として裁定請求に係るすべての事項についてのサポートをいたします。
具体的には以下のサポートをさせていただきます。

  • 裁定請求についての個別具体的なあらゆる相談(面談を含む)
  • 受給資格・要件の確認
  • 申請書類の取り寄せ
  • 診断書の記入内容の助言と点検
  • 必要に応じて、医師への診断書等証明書の作成依頼書の作成または依頼時の同行(原則としてできかねますが、する際には日当をいただく場合がございます)
  • 必要に応じて、上記医師の証明書の受取り代行(原則としてできかねますが、する際には日当をいただく場合がございます)
  • 病歴状況申立書、または病歴・就労状況等申立書等、上記請求に係る申立書の作成
  • 裁定請求書の作成と提出書類の点検
  • 必要に応じ戸籍抄本、住民票等の行政機関の証明書の請求と受取の代行
  • 必要に応じ金融機関への口座確認証明の請求と受取の代行
  • 年金事務所への書類提出
  • 年金事務所との折衡
  • 請求代理人として 請求についての年金事務所等からの問合わせ、照会に対する応対

審査請求・再審査請求サポートについて

※審査請求・再審査請求とは…
障害年金の請求(初回)をした結果
◆不支給決定を受けた
◆決定された等級や内容に納得がいかない!
といった場合、その決定に対し、不服申し立てというものが出来ます。
この不服申し立てのことを審査請求といいます。簡単に言えば、2回目の申請です。
再審査請求とは、この場合で言うと3回目の申請のことです。